大阪北区飲食経営 佐勘大阪有限会社の『社長インタビュー』

  • オンラインショップ

社長インタビュー

社長インタビュー

木岡社長が飲食業を始めた当時のことを教えてください

私が飲食業を始めたのは、もう40年以上も前のことです。当時は飲食業界自体も少なく、市場規模も今の6分の1程度でした。特に、居酒屋という業態はまだ確立されておらず、若い人がお酒を飲む文化も今のようにカジュアルではなく、飲む飲まないで2分するような時代でした。

私は、学生時代からよく飲み歩いていましたが、25歳で現在のグループ会社の飲食事業に携わり従業員食堂やレストラン業態を任され、飲食業界に入りました。そして、43歳の時に居酒屋業態を始めるべく「佐勘大阪有限会社」を設立しました。

木岡社長が飲食業の中でも居酒屋業態を選んだ理由を教えてください

私は学生時代からお酒や外食が大好きです。夜のネオンも。学生の頃からホテルのバーでフィズを飲む、そんな少し格好つけな一面もありました。私にとって、お酒を飲むことは、本当に楽しくて、人生に深みを与える経験をたくさん与えてくれました。お酒の世界では、1+1が2になるとは限らないのが面白いところ。3になったり、0になったり、予測不能です。思いがけなく素晴らしい出会いがあったり、相手を怒らせてしまったり、いろんなことが起こるからこそ楽しいのだと思います。仕事時間には決して見られない一面を見ることができたり、起こりえない出来事が、アフターファイブには起こるのです。
そんなお酒を楽しく飲めるところ、自分の居場所と思える空間、最高の居心地、たくさんのお客様と至福の時間を共有したくて、飲食業界の中でも居酒屋を私はこれまでやってきました。

木岡社長にとって居酒屋の仕事とは

居酒屋によって、「居場所と居心地を提供したい」というのは、何もお酒を飲むお客様に限ったことではありません。そこで働くスタッフにとっても居心地のいい場所であるべきです。「仕事は楽しんでするもの!」特に、我々のような飲食業界は、お客様に楽しくご飲食いただくためには、スタッフが楽しく働いて、楽しい雰囲気であることが何より大切です。新しく入ったスタッフは、出勤するのが楽しいと感じる、まずはそれだけでいいんです。職場に来るのが楽しければ、仕事も徐々に覚えられますし、自然な笑顔が生まれますから。そして、仕事に慣れたら、また新しい目標を立てステップアップしていく、それが私が望む仕事の仕方です。店長レベルになれば、「自分の給料は自分で稼ぐ」というような高い経営者意識も必要になってきます。仕事は「楽しく」「目標をもって」この2点はどんな仕事においても大切だと思っています。

木岡社長から見た佐勘スタッフは

とにかく、みんな心の優しい子ばかりです。この点はどのお店にも負けないと自負しています。みんな優しいいい子たちばかりですから、仲もとてもいいんです。仲が良すぎて、仕事中ついついおしゃべりに夢中になってしまうくらいに仲がいい。私は、仕事ができる出来ないよりも、こうした人としての心の優しさや思いやり、人間力が何よりもも大事だと思っています。お酒の付き合いは人と人のつながりですから、お店の質もすべてそこで働く人にかかっています。仲間内での優しさや笑顔を、お客様への気遣いや笑顔での接客に生かしていけると、さらに良いお店になっていくと感じていますし、そういった意味で、みんなまだまだ伸びしろがある原石のように思います。

どんな人に佐勘で働いてほしいと思っていますか

やはり一番は、心の優しい子です。明るく楽しく、素直な人なら、今働いているスタッフともすぐ打ち解けられると思います。今の人たちは、自分を守ることを優先する人が多いと感じます。そうではなく、人のために自分が今できることを一生懸命やる、そういう姿勢のある人を私は求めています。そういった生き方は自己犠牲でもなんでもなく、人生を豊かにする心の持ち方だと思うので、「人の笑顔を見てうれしくなれる」「人と話していると元気がでる」「人に何かしてあげたい」そんな、人と関わることが大好きな人は、ぜひ佐勘大阪で一緒に働いてほしいと思っています。仕事は後から覚えればいいので、未経験でも歓迎します。もちろん、「自分の給料は自分で稼ぐ」というような、高い経営意識を持った経験者の方も歓迎です。

今後の佐勘の展望を教えてください

次に店舗展開を考えるとすれば、若い女性をターゲットにした業界にチャレンジしたいですね。「居酒屋」というスタイルからは、一度離れようと思っています。それは、時代の流れに沿って、お酒を飲むスタイルもどんどん変化しているからです。今は中高年の男性に向けた業態がメインですが、次は若い女性が楽しくお酒を飲めるバルのようなカジュアルな業態を模索しています。残念ながら、私ではターゲットの女性たちの感覚はわからないので、今いるスタッフや、これから入社してくださる方に、いろいろなアイデアを出して力を貸してほしいと思っています。佐勘大阪は、立ち止まることなく前進し、成長し続ける会社でありたいというのが私の願いです。

応募される方へのメッセージ

私は、目標を立てることが大好きです。それも、一筋縄では達成できないような無理難題を1年1年の目標に据えるのが好きです。もちろん達成しないことも多々あります。しかし、目標に向かって山あり谷ありある中で経験したことが、すべて自分を成長させる糧になっています。
現代は情報社会で、インターネットで検索すればあらゆる情報が手に入ります。だから、失敗を未然に防ぐこともできるし、経験していないことを経験したような気になることもできます。
しかし、実際の経験に勝ることは決してありません。だから皆さんにも、失敗を恐れずにいろんなことにチャレンジして頂きたいです。佐勘には志のある皆さんのチャレンジを受け入れる準備がありますので、未経験者の方でも、何か新しいことをしたい経験者の方でも、どなたでもご応募ください。

Copyright © SakanOsaka Co, Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP